2007年09月30日

澤屋敷、藤本に完勝

K-1ワールドグランプリ開幕戦をテレビで観た。
一番注目していたのは澤屋敷選手。
試合は1Rで鼻を負傷し、相手の藤本選手も気合が入っていたので
全然良いところがなかったが、2R途中からスイッチが入った。
あっという間に自分のペースを掴み、ダウンを奪い、その後は
完全に終始圧倒していた。
澤屋敷選手の才能というか格闘センスは、相当すごいと改めて
感じた。今年は無理としても来年くらいにはグランプリの
決勝に残るくらいの選手になるかもしれない。
個人的には澤屋敷対バダ・ハリが観てみたい。

そのほか、ピーター・アーツやジェロム・レ・バンナ、バダ・ハリ、
セーム・シュルトなどは順当に勝ち進んだ。
みんな、流石と言いたくなるような安定した戦いぶりだった。

グラウベ・フェイトーザと対戦したハリッド“ディ・ファウスト”は
試合には敗れたが、ものすごく気持ちの強いファイターだ。
あと1、2Rあったら逆転したかもしれない。

ラベル:K-1
posted by ベルテンポ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技・武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。